2018年3月25日日曜日

Whitehouse Cox Mesh Belt

昨日は長野まで日本酒をたらふく飲みに行きました。
http://nomiaruki.com/breweryhopping/



こんな感じでお酒を求めて並びます笑。

毎年春と秋に実施されるこのイベントですが、非常にお得感が強く、かつ非常に美味しいお酒がたくさん飲めるのでオススメです。


さて、本題です。今日はWhitehouse Coxのベルトを購入したのでご紹介します。

ジャケパンにあわせるメッシュベルトが欲しいなあと思っていたところ、先日の楽天スーパーセール開催時にRakutenBrandAvenueが3000円オフクーポンを発行していたので購入。(WhitehouseCoxは基本的に安くならないのでラッキー)
カジュアルに寄りすぎないように、少し細めの28mmにしました。


Whitehouse Cox(日本での代理店、FRAMEさんのHPから引用させていただきました
1875年創業以来、高品質の馬具や洗練されたデザインのベルトや鞄、財布など様々なレザーグッズを作り続けているホワイトハウスコックス【Whitehouse Cox】。使用する代表的な革は、強く耐久性のあるイングリッシュブライドルレザーで、約10週間もの間、樹皮や種子など自然の草木を使い丁寧にタンニン鞣しし、さらに天然の染料を革の深部にまで染み込ませ、じっくりと時間をかけたものです。こうしてできた最高の素材を、経験豊かな職人が確かな伝統の技術で形にして行きます。

肉厚で上質な革。メッシュベルトは伸びがちですが、いろいろな方のレビューをみると全然へたらないとのこと。

均一に綺麗に編まれているのがわかります。

暖かくなってきて、春の装いになってきました。
早速明日はジャケパンで出社し着用してみようと思います。

次もベルトをご紹介予定です。

2 件のコメント:

  1. なおけんた2018/03/25 17:40:00

    メッシュベルトは品質に差がモロに出そうですね。私は粗悪品しか経験がないので、メッシュベルトに偏見と拒否感を持って来ました。「メッシュベルトは弱い」という偏見です。でもしっかりと作られたものはしっかりとしてるんですね。勉強になりました。

    返信削除
    返信
    1. なおけんたさん

      コメントありがとうございます。

      あくまで他の方のネットのレビューで伸びない、というのを鵜呑みにしていますが、編みこみの丁寧さ、革の厚みともに期待できる感じです。
      今後着用してレビューしていきますね!

      削除